英語教育

Yummyな英語の授業

小学校からの英語教育¦Yummyな英語の授業 はコメントを受け付けていません。

先日3年生になった長男の英語の授業に潜入してきました。
潜入・・・というと大げさですが授業のお手伝いに行ってきたのです。

英語の授業でクッキングをするので下ごしらえを保護者に頼みたいとのこと。
英語教育の現場を見れるチャンス!ということで、喜んで引き受けた私です。

英語の先生はパキスタンのお料理をクラスのみんなと作りたいとのこと。
お米を炊いて、シチューを作る・・・という内容でした。

パキスタンのお米
サフラン
トマト・ナスビ・タマネギ・にんにく

など

下ごしらえの方法を先生に教えていただきました。
“Rice,wash”
“Tomato,cutting”
簡単な英語で説明してくれました。

子ども達がやってくると、さらに英語での説明は増えてきます。
もちろん火加減なども英語・・・(汗)
はっきり言って私はタジタジですが(笑)、子ども達は英語での会話にすっかり
慣れていますから、普通にすすめていきます。

Yummyな英語の授業Yummyな英語の授業

「英語だから分からない!」
なんて誰も言わないんですよ。
ある意味それってすごいことだな~って思ったんです。クラスの中には英語ペラペラなんて
お子さんもいらっしゃって、英語の理解度にはかなり個人差がありますが・・・。

お料理が出来上がったら子ども達はにっこりと
“Yummy!!!”

このような様子を見ていると、英語に抵抗のない環境作りが大事なだなって感じました。
もし親が「英語なんて難しい」「英語なんてキライ・・・」なんて家で言っていたら
子どもは英語の授業が苦手に感じてしまいそうです。
でも小さな頃から英語に親しんで親子で楽しめていたら??
きっとすんなり英語の授業に入っていけるでしょう。
何をするにしてもイメージって大事ですよね。
 
小学校3年生の長男は今、自立と依存を行ったり来たりしています。
当たり前ですが、3歳の頃までのようには時間を過ごせません。やっぱり何でも臨界期という
ものがあるんですよね。

長男が小さい頃、アルクエンジェルコースのCDを聴きながら遊んでいた様子を
思い出すと、あのとき楽しんだ時間が今の彼につながっているんだな~ってしみじみ思います。
アルクエンジェルコースを購入したときのお代金なんて、安い投資でしたね!
それ以上に素晴らしい親子の時間をもらったんだと実感しています。

Yummyな英語の授業Yummyな英語の授業



アルクエンジェルコース、かわいい時期でオススメ。

アルクと1歳児¦アルクエンジェルコース、かわいい時期でオススメ。 はコメントを受け付けていません。

アルクエンジェルコースを胎教として購入した人も出産してから購入した人も
1番楽しい時期はこの1歳児でしょう!

アルクエンジェルコースのCDを聴きながら、ダンスしたり、
まだはっきり言葉は出ないものの「ア~」や「ウ~」って歌に合わせて
歌ってる姿はめちゃくちゃかわいいです。

手拍子したり、エンジェルコースのCDの流れを分かっているようで
始まる前から「ア~」って言い出したり。ちゃんと耳が育ってるんだな、って
ホッとします。
アルクエンジェルコース、かわいい時期でオススメ。


アルクを日々の生活に定着させる

アルクと0歳児¦アルクを日々の生活に定着させる はコメントを受け付けていません。

子どもが生まれ、育児が始まりました。

アルクのCDを毎日流すこと。

それが私の日課になりました。

CDを流すこと。
ただただCDを流すことが我が家の英語教育の環境を整える一歩です。

私はこれを親力をつける、ある意味力試しだと思っていました。

CDを流すことくらい簡単です。 アルクを日々の生活に定着させる


アルクと育児とテレビ

アルクと0歳児¦アルクと育児とテレビ はコメントを受け付けていません。

長女を出産した2002年。

私は

子どものために英語の環境を作りたい、
英語の耳を育てたい、

と思っていました。

少しやり過ぎかな、と思うくらい
私はその想いを叶えるため、
今までの習慣をガラリと変えました。 アルクと育児とテレビ


アルクってどんな会社?

アルクとの出会い¦アルクってどんな会社? はコメントを受け付けていません。

私は、アルクの教材を使って英語の勉強をしていた知人・友人が周囲に多かったため、

英語の教材といえば・・・

アルク

とすぐに頭に浮かびました。

でも改めて、
アルクについて知らない方のためにどんな会社なのか
簡単に紹介したいと思います。
アルクってどんな会社?


私がアルクを選んだ理由

アルクとの出会い¦私がアルクを選んだ理由 はコメントを受け付けていません。

2002年長女妊娠中の私は

「妊娠中にお腹の赤ちゃんに何かしてあげられることないかな?」

そう思っていました。

普段の食事の内容もそうですが、
安産のためのマタニティー体操やスムーズに母乳が出るようにおっぱい体操など、
いいと思うことは何でもトライしていました。
私がアルクを選んだ理由