実践重視の英語の授業

小学校からの英語教育が始まっていますね。

長男はただいま2年生ですが、1年生から週1、2くらいのペースで
英語の授業があります。

ネイティブの先生と日本人の先生の2人体制。

英語の授業があった日はすぐに分かります。
学校から帰宅すると

“What?”
“How are you ?”
“Yes!”

英語攻撃ですから(笑)。

アルク エンジェルコースで赤ちゃんの頃から英語を聞くことに
慣れている長男。

外国人の先生に話しかけたりすることも抵抗がないようです!

小学校で英語をアウトプットすることを学んでいるので、本当に楽しそうですね。

子育てにバタバタと忙しい毎日ですが、赤ちゃん時代から
30分でもエンジェルコースのCDをかけ、英語を楽しんできた甲斐がありました!

子どもの英語教育も積み重ねなのだと、小学校に入るとさらに実感する毎日です。

>>アルクエンジェルコースの試聴はこちらから