アルクを日々の生活に定着させる

子どもが生まれ、育児が始まりました。

アルクのCDを毎日流すこと。

それが私の日課になりました。

CDを流すこと。
ただただCDを流すことが我が家の英語教育の環境を整える一歩です。

私はこれを親力をつける、ある意味力試しだと思っていました。

CDを流すことくらい簡単です。
でもそれを毎日流すとなると??
どんなときでも必ずCDを流すのです。

顔を洗ったり、歯磨きしたり、服を着替えたりするのと
同じ感覚でアルクのCDを流す・・・。

それくらいこのエンジェルコースを日々の生活に定着させるのです。

逆に、それができないくらいなら
英語教育の環境を整えること・子どもの英語の耳をつくることなんて
無理かもしれませんね。

CDを流すことすらできないのであればそれ以上大変な努力を乗り越えることは無理だと思うしかありません。

私はそう自分に言い聞かせながら毎日CDを流しました。

ちょっとストイック!?

1日1日の変化は目に見えなくても
後で振り返ったときにこの積み重ねは驚くほど大きなものになる!
と信じて私はCDを流し続けました。

>>アルクエンジェルコースの試聴はこちらから