アルクと育児とテレビ

長女を出産した2002年。

私は

子どものために英語の環境を作りたい、
英語の耳を育てたい、

と思っていました。

少しやり過ぎかな、と思うくらい
私はその想いを叶えるため、
今までの習慣をガラリと変えました。

まずやめたこと。

それはテレビです。

BGM代わりにテレビをつけたり、だらだら見ることをやめました。

といっても
1日中一緒に赤ちゃんと過ごすのです。

妊娠中は赤ちゃんとのHAPPYな時間を夢見ていましたが現実はなかなか大変っ!

なんといってもまだまだ生まれて数ヶ月という頃は言葉でコミュニケーションが取れないので、
赤ちゃんに話しかけてもなんだか孤独な感じなのです。

そこでアルク!

何の音もないリビングにCD1枚約30分かけるだけで
リラックスできる空間が出来上がるのです。

英語とモーツァルト。
テレビをつけるより贅沢な時間に思えました。

CDを流すだけですが・・・(笑)。

時間に余裕のあるときは何回も何回もエンジェルコースを繰り返しました。

私と赤ちゃんのかけがえのない時間です。
赤ちゃんとリラックスできる時間をもらえて、
アルクエンジェルコースを購入してよかったって何度も思った私です。

>>アルクエンジェルコースの試聴はこちらから